現在、盗聴産業は、10億円といわれ「盗聴器」は年間約40万個以上販売されているといわれています。


現在では、探偵事務所の関係者でなくとも、インターネットや秋葉原などの店舗で容易に盗聴器の購入が可能です。

 

近年は、一般家庭においても盗聴器に関する事件が多発しています。しかし、そのほとんどが知られていません。

 

年間約40万個以上の盗聴器が販売されているのに対し、発見率が少ない気がします。


もちろん、盗聴をするのですから簡単に相手に気づかれてしまっては意味がありません。


また、企業などで盗聴により顧客のプライバシーなどが流出してしまうと大切に積み重ねてきた信頼は崩れてきてしまいます。


一度崩れた信頼を取り戻すのは大変なことです。


いくら、こちらが被害者だと訴えても会社的には認めてもらえないものです。


情報漏洩に対して真剣に取り組む時代にきているということをご理解いただきたいと思います。

 


盗聴器が使用される主な用途

 

一般家庭

 

夫婦問題、ストーカー行為、相続問題、恨みなど復習行為、、前居住者に取り付けられたまま、金銭問題

 

企業

 

新企画や商品開発の情報入手、取引情報、顧客情報・内部調査(派閥・組合)、資産運用情報、退職者や出入業者による設置



主な盗聴器の種類

 
無線式盗聴器一般的に使用される盗聴器は無線式に属します。電話回線、コンセントに設置するタイプは電源を接続先から供給するため、取り外さない限り、半永久的に盗聴電波を発信し続けます。


有線式盗聴器文字通り、配線を要する盗聴器です。設置場所が限定され、証拠が残りに易いため、あまり使用される例は見受けられません。



コンクリートマイク聴診器のような形状。直接、壁に当てて使用します。